ソイルナ:閉経時のバランス変化に対する40才からの準備

40代からの女性はバランスの変化が原因でからだと心は大きく変化します

「ソイルナ」ってどんなサプリ?

f:id:bara3bon:20160911003705p:plain

50才って女性のターニングポイントです。
でも、そのことを自分ではっきり意識しないうちに
50才を迎える女性がとても多いと思います。

40才から50才って女性は凄く忙しいですよね。
家庭生活でも社会生活でも、
大きな責任がある人がほとんどです。

家庭では、早い方では親の介護が始まります。
子供の受験や反抗期の問題もあり、
また、日々の重い家事も負担です。

一方仕事では、人間関係の悩み、責任ある立場
からくるストレス、というように

どこにいても、気の休まる暇がありません。
自分の体調の変化を感じつつも
それに対処する余裕はないのが現実かもしれません。

何を隠そう、それは私の過去の話でもあります。
40才のころ、子供は14才(女)、12才(女)、10才(男)でした。
中学生と小学生、思春期もあり、勉強のこと、おけいこのことで
とても忙しくしていたのを覚えています。

まだ更年期症状を感じていたわけではありません。
でも短時間のパート中に、頭の耳から下半分の汗がひどくて
困っていたのを覚えています。

それから、どういうわけか、身体のどこかが時々針で刺されたように
痛いことがありました。(場所はその時によって違いました)

でも1分もしないうちに止まってしまうので
一瞬変だなとは感じても、すぐ忘れてしまうのです。

それって膠原病(こうげんびょう)の症状だったんです。あとから気が付きました。
私が膠原病(こうげんびょう)と診断されたのは、50才になって閉経したのと同じ頃でした。

あなたも知っているように、膠原病(こうげんびょう)は免疫の病気です。

ふつう私たちの体は外から攻撃されると免疫作用が働いてそれを
やっつけようとします。

しかし、膠原病(こうげんびょう)は、外から攻撃されていないのに、攻撃されている

と勘違いをして、自分で自分の身体を攻撃した結果、
その部分が痛くなったり機能がひどく悪くなる病気です。

私の場合、眼や口が渇くという症状のシェーグレン症候群である
ことは、虫歯が異常なくらいすぐにできるということで
わかりました。
だ液が少ないと虫歯ができやすいんです。

その後、やはり更年期症状もありました。
「あれ、これって更年期症状?」と思えることが出てきました。

のぼせが時々ありました。急にかっと熱くなるんです
自律神経の調節がうまくいかないんだそうです。

特にイライラが強く、むやみに夫を責めたくなる時がありました。
若いころに夫が育児を手伝わなかったことが許せず、考え始めたら
眠れなくなるほどでした。

めまいも更年期のせいだったんでしょうか。
急に立ち上がると目の前がまっくらになって血の気が引いたように
なりました。

いちばんつらいのはイライラでした。
気持ちの持っていきようがない感じ。
朝より夕方にイライラしやすかった気がします。

そして、肩こりも更年期症状だったんでしょうか?
コチンコチンにいつも硬くてつらかったですね。

更年期症状に今悩んでいるあなたは、
何がいちばんつらいですか?

どうしようもなくたまらない気持ちというの
ありませんでしたか?

症状としては、私はやっぱり急に体がカーッとするのが
つらかったです。それと、気持ちがおさまらない感じが
つらかったです。

これらの症状に加えて、シェーグレンの症状もあり
ましたから、通院だけでも忙しかったです。

今も目薬は1にちに何回もさしますし、
水がないと食事ができません。

閉経して15年たった今、気が付いたら
ひどいイライラは減りました。

過去の事を考えても仕方ないですが、
40代のころ、もっとゆったりと暮らしていたら
50才前後にシェーグレン症候群のような病気にはならなかった
ような気もします。

私の病気こそバランスの変化によるものだと思うのです。
40代の頃にがんばりすぎたのかもしれません。
ストレスが一番の原因かもしれません。

閉経が50才、発病したのが、51才でしたから、
閉経と病気が一緒に来たという感じもあります。

よく耳にする、「女性の体を守るというホルモンのエストロゲン
減ると身体の不調が起きやすい」ということが、

実際に私の体に起きたのだと思います。

今だから思えます。

40才から50才くらいまでの期間を大事に過ごした方がいいですよ。

もしどこか不調があった場合、ホルモンのバランスを整えるような
サプリがあればいいのにと思って、いろいろ調べてみたら、

ソイルナという、サプリがありました。
ソイルナは、以前女性の妊活をサポートしていたヤマノという
会社が開発したサプリです。

ひたすら女性の健康をサポートしてきた姿勢に温かさを感じます。

ソイルナは40代からの「生涯女性を楽しむためのサプリメント」です。

ソイルナの会社であるヤマノは、カスタマサポートセンターによって
不調に悩んでいる方にとことん寄り添うサポートをしているそうです。

つらいときには、サポートしてくれる人に頼ってみるのもよいこと
だと思います。

気持ちを少しでも和らげることのできる手段があれば、つらいときに
眺める未来も、きっと明るいものになるのではないかと思います。

お幸せをお祈りしています。

 


ソイルナが気になったら
こちらにサイトがありますから
ご覧ください。
↓ ↓ ↓

「ソイルナ」に含まれる「マカ」とは?

「マカ」は、女性のバランス調整の力があることで、
栄養科学研究者である内山教授も注目している
ペルー原産の野菜です。

ソイルナ世代に嬉しい内容の研究結果も
明らかになっています。

ヤマノのマカにはマカの有用成分(二次代謝産物)の種類が
大変豊富に含まれていることが分かりました。

二次代謝産物の種類が多いと言うことは、それだけ
働きかける範囲も広がるということを意味しており、身体の
いろいろな場所で作用していくことが期待できるといえます。

そして、ソイルナに使用しているマカは、ペルーの中でも
いちばん高品質なマカが育つフニン産の自家製有機マカです。

ヤマノでは17年間マカを扱っており、そのノウハウで
マカの力が最大限に引き出すことにこだわり現地で

自社栽培で育った自家製マカでも、良質なものだけを
製品に使用しています。

「ソイルナ」に含まれる「イソフラボン」とは?

大豆に含まれるイソフラボンは年齢とともに減少する
エストロゲンの代わりとして、女性特有の悩みに
期待されています。

ヤマノが使用しているイソフラボンは、イソフラボンの中でも
吸収に優れたアグリコン型!

さらに「イソフラボンアグリコン30E」という
ソイルナ世代に対して研究データもある素材を使用しています。

そして、女性の味方「マカ」と「イソフラボン」が
40代から減少するエストロゲンの代役「イソフラボン」の
ダブルの力で女性のからだを徹底サポートします。

ソイルナは1日2カプセル。それだけで、食事で不足しがちな
女性に必要な栄養を、ギュッと補います!

 

<2カプセルの中に含まれているもの>

マカ 180mg
アグリコンイソフラボン 30mg
カルシウム 37mg
マグネシウム 58mg
セレン22μg & 亜鉛8mg